妊娠の準備

妊娠線予防クリームランキング

妊娠線の確率(割合)と予防策とは

      2015/12/30

妊娠線が出来る理由

妊娠したときに不安に思うことの一つに妊娠栓があるのではないでしょうか。妊娠線が出来るとビキニなど着れなくなってしまうので、女性にとっては大変重要です。何故妊娠線が出来るのかと言うと、妊娠するとおなかが大きくなります。そうするとおなかの皮が伸びてきて皮膚が伸びに耐えられず皮膚が伸びてしまい赤紫色の線になります。そして、出産後に赤紫色の線は徐々に薄くなっていくのですが、ほとんどの場合消えずに白光したような線になります。そして妊娠線が出来ると言うわけです。
そして妊娠線といえばおなかに出来るとほとんどの人が思っていると思いますが、実は妊娠して太くなるところならどこにでも出来てしまうかもしれないのです。例えば、太もも、胸、足の付け根、ふくらはぎ、二の腕などです。ですので妊娠線といえばおなかにばかり注目する人が多いのですが、必ずしもそうとは限らないので気をつける必要があります。
このように、妊娠線は皮膚が伸びる事で出来てしまうのですが、妊娠しておなかが大きくなるのはどうしようもありません。ですので、自分自身で気をつけて予防していく事が大事です。また、体重が増えすぎるのも妊娠線を作りやすくしてしまうので体重管理もしっかりとしていく事で出来にくくなるので気をつけましょう。

妊娠線ができる確率ってどれくらい?

では、どのくらいの確率で妊娠線が出来るか紹介します。
まず、妊娠線の出来やすさには個人差があり、一人目、二人目や出産する人数によっても変わってきます。
また、基本的に妊娠線が出来やすいのは皮膚が乾燥しやすい人、皮下組織が厚い人だといわれています。皮膚が乾燥していたり、皮下組織が厚い人は皮膚が伸びにくく皮膚が切れやすいのです。

体質もあるのですが、妊娠線が出来る確率は67%と二人に一人以上の人が出来るといわれています。

しかしこの人数は妊娠線のクリームで予防した人も含まれているので妊娠線のクリームを使ってなければもっと高い数字になります。
また、妊娠クリームは出来るだけ早めに使った方が予防しやすいです。
ですので、まだおなかが大きくないからと油断はしずに、おなかが少し膨らんできたかなと思ったら利用すると良いです。また、双子を妊娠した人は、妊娠線が出来る確立が通常よりも高くなります。さらに、おなかが大きくなりやすいので早めに妊娠クリームを塗る必要があるので気をつけましょう。
このように、かなり高い確率で妊娠線が出来るので早めに対処して出来るだけ予防するようにする事が大切です。毎日かかさず、しっかり塗りましょう。

妊娠線が出来やすい人と対策法とは

では、どういう人が妊娠線が出来やすいか紹介します。
まずは、肌が乾燥している人です。乾燥肌の人は肌荒れもしやすいですし、普通の人よりなお気をつける必要があります。また、妊娠中はホルモンバランスが変わることにより普段よりもさらに乾燥しやすくなります。

ですので、普段よりも保湿をしっかり行う事が大切です。他にも、体重が一気に増えた人も注意が必要です。何故なら急激な体重の変化で皮膚が急に伸ばされ妊娠線が出来やすくなってしまうからです。
他にも、小柄な体格の人は出来やすいといわれ、普通の体系の人よりもおなかが張り出しやすいため妊娠線が出来やすいです。また、肌がかたい人、皮下脂肪の多い人も注意が必要です。

妊娠線の予防はこれらの事に気をつける以外は保湿をするしかありません。とにかくお風呂から出たらクリームなどを塗り乾燥をしないようにしましょう。妊娠線はおなかから出来る事が多いので妊娠の初期から毎日おなかの皮膚をケアする事が大切です。他に気をつけることは妊娠線は下腹部に出来やすいため、おなかが大きくなると自分の目では見えにくくなります。ですので、出来てないと安心してケアがおろそかになりやすいので必ずしっかり保湿をする事を心がけてください。そして、妊娠線が出来る確率を少しでも少なくすると良いです。

 - 妊娠線予防の知識